Windows 10,  パソコン修理

いまだWin 7の一体型 FMV FH56/DDをようやくWin 10へのアップグレードの依頼がありました

そろそろWindows 11の発表も迫ってきた令和3年9月の今、なんとWindows 7からWindows 10へのアップグレード依頼がありました。

依頼元のオーナーは70歳オーバーのご隠居さんで、元は整備士とかでご自分のクルマもバリバリ系のスバルの早いやつでした!!

なぜ今頃のご依頼かといえば、夏休み頃に中学生の孫娘が来て、「もうWin7は使えないよ」とか言われたらしいです。ということでさっそくご自宅に伺ってまずは使用状況など診察します。

このモデルは2011年の発売のテレビも見れる20インチワイド液晶のハイスペックモデルです。
CPUはi5-2520M、メモリはPC3-1066のDDR3-4GB、ストレージは2TBの3.5インチSATA HDDです、光学ドライブはスリムタイプのBlu-ray ドライブという豪華モデルで、当時の価格は15万円前後らしいです。そんな上位モデルですがオーナーが使っていたのは、メールにネットに年賀状ソフトとワードを少々ぐらいで、テレビも映画再生も使っていませんでした。

↓  かなりきれいな状態、不具合もなし。

そして、現在の動作は特に遅くもなく快適で、データも少ないのでハードディスクの使用量はOS以外に300GBくらいでした。
その日は一式お預かりして戻りました。

ちなみにメーカーのサイトを調べると、案の定このモデルはメーカーとしては正式にWin 10に対応していません。なのでアップグレードすると動かないであろうソフトを確認し、まずはそのへんのメーカーオリジナル系ソフトをことごとく削除します。

そして万が一のためにユーザーデータをバックアップしておきます。
次にWin10インストールディスクをBlu-rayドライブに入れてそのままアップグレードを開始します。

すすめるとビデオドライバの注意くらいで特に怒られることもなく進んで、無事にWindows 10になりました。そのまましばらくほっておくと残りのドライバも自然に入ってすべて完了したみたいです。

使っていた各ソフトも動作確認しましたがワード2010も筆まめも問題なく動いたので、あとはメールソフトのサンダーバードをインストールして確認していたオーナーのプロバイダメールアカウント設定を入れます。

最後にメモリを増設します。さすがに4GBだと少なすぎなので8GBにすることにします。
追加パーツの予算も頂いているので4GBを2枚手配して現在の2GBが2枚から入れ替えました。
システムディスクはSSDに入れ替えてもないけど動作はかなり快適になりました。

その後、2日ほど動作確認してからオーナー宅へ納品しました。
もうこれでお孫さんに言われることはありませんね。

□■□■□■□■□■□■

パソコン訪問修理とパソコン訪問教室講師やってます.. * Takamaru *
◆出張パソコン修理・設定承ります!依頼希望の方はこちらをご覧ください

◇ご自宅がパソコン教室に! 訪問パソコン授業 あゆみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP